壊れた?メーカーに連絡する前に試してみること

電源が入らない時に確認すること

パソコンを使っていて電源が入らなくなってしまっとという時がありますが、これはメーカーのカスタマーサポートに問い合わせる前にしっかりと確認しておくと意外と簡単に解決する場合もあります。その確認することは、電源コードがしっかりとコンセントに差し込んでいるのかというとこであり、これが差し込まれていないと動くことはできません。 その他デスクトップパソコンは内部にたまっている電荷があるかもしれないので、一旦電源ケーブルを本体から抜いてみて1分ほど時間を起き放電できたら、またケーブルに差し込んで電源ボタンを押すと動く場合もあります。 また、ノートパソコンなどではバッテリーが切れている時、動かないのでこれも電源コードをコンセントに差し込んで確認しましょう。

パソコンの電源が落ちてしまう

パソコンの電源が入るのですが、アプリケーションを使用している時に電源が落ちるということもあります。また、電源ボタンを押すと起動することが出来るのですが、同じアプリケーションを使っているとまた落ちるという時は、パソコンのハードディスクの容量が少なくなっている可能性があるのです。 これはハードディスクの容量が少なくなっているので、パソコンそのものの動作が不安手になっているということが考えられるので、使わない無駄なデータを削除する必要があります。これは、ゴミ箱を空にしたり、ディスクのクリーンアップをすることにより解決することができるのですが、それ以外に断片化したファイルを整理するためにデフラグを利用するといいでしょう。