もっとパソコンを使いこなせるようになりたいと思いませんか

国勢調査も!デジタル化に乗り遅れないで

近年、より多くの人がインターネットの世界に触れるようになりました。スマートフォン普及がやはり大きいのでしょうか、ネットの便利さ・身近さがより実感できるようになりました。かつて自ら店舗に赴いておこなった買い物であるとか各種手続きなども、サイト上のデジタル化された入力で済ますことができます。いまや「確定申告」「国勢調査」といった大規模なものまで試みから実用になりつつあります。 このような状況であるためでしょうか、パソコンなんて億劫だと避けていた人も徐々に心変わりを見せているようです。今後はよりデジタルの世界へ理解を深めていきたいという人が増えてきており、中高年むけに基礎から取り扱いを教えてくれる「パソコン教室」も各地で盛況をみせているそうです。

こんなふうに「自習」してみましょう

さてそのように初心者にも取り回しを教えてくれるパソコン教室がある一方、レスナーはどういった「自習」をしたらよりベターでしょうか? まずは「タイピングをまずトレーニングする」のがオススメです。ネットで簡単な調べ物をするにしても、なにかキーから文字を打ち込む行為は避けられません。キーボードを見ないで文字をうちこむ「タッチタイピング」が身についてくるとグッとパソコン利用が楽しくなります(ゲーム感覚で打鍵を競うトレーニング・サイトもあります)。指先をこまかく動かすことは脳トレにも良いと言われていますね。 並行して「ショートカット・キーを覚える」と良いでしょう。コピーをCtrl+Cなどと打つ、かんたん操作で入力省力化できる一連の操作のことですね。タイピングの練習にてキー配置を把握すると同時に、ショートカットの種類を調べたりまた実際に利用してみると良いでしょう。